電話でのご相談予約はこちら

0120-70-7000

平日9:30〜21:00 /土日祝 9:30〜18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

B型肝炎訴訟を
大分の弁護士に相談

和解実績
16,758
獲得金額
1,602
(2012年12月~2022年10月末現在)
B型肝炎給付金診断

弁護士によるB型肝炎訴訟で国から給付金が支払われる理由

弁護士によるB型肝炎訴訟で国から給付金が支払われる理由

B型肝炎訴訟とは、集団予防接種が原因でB型肝炎ウイルスに持続感染した方が、国を相手に損害賠償(国家賠償)を求める裁判をいいます。

日本では昭和23年以降、国が主導して集団予防接種が行われてきました。集団予防接種では、昭和63年ごろまでの約40年間にわたって注射器の使いまわしが行われていました。この注射器の使いまわしが原因で、多くの被接種者が幼くしてB型肝炎ウイルスに持続感染する事態が発生したのです。

また、B型肝炎ウイルスは母子感染および父子感染することでも知られています。親がB型肝炎ウイルスのキャリア(一次感染者)である場合、生まれてきた子どももB型肝炎ウイルスに持続感染する可能性が高いです(二次感染)。このような二次感染者も、集団予防接種による感染被害者と捉えられます。

集団予防接種によるB型肝炎ウイルスへの感染被害者は約40万人とされており、あまりにも多い人数です。このように深刻な被害状況を受けて、全国各地で感染被害者が国家賠償請求訴訟を争いました。その結果、原告団と国の間で基本合意書が締結され、国から感染被害者に対する和解金の支払いが合意されたのです。

現在では、基本合意書の内容をベースとした特措法が制定されています。集団予防接種によるB型肝炎ウイルスの感染被害者は、特措法に基づき、B型肝炎訴訟によって国から給付金を受けとることができるようになっています。

大分でB型肝炎訴訟を弁護士に依頼したい方へ

大分でB型肝炎訴訟を弁護士に依頼したい方へ

B型肝炎訴訟によって適正な給付金を得るには、法律に加えて、医学的な観点も踏まえた対応が求められます。そのため、ノウハウを十分に集積した弁護士にB型肝炎訴訟を依頼するのが安心です。

ベリーベスト法律事務所は、全国各地にオフィスを設けており、B型肝炎訴訟も全国的に取り扱っています。そのため、取扱件数や症例の経験も非常に豊富であり、お客さまのご状況に合わせて適切にB型肝炎訴訟を進行することが可能です。

またベリーベスト法律事務所では、B型肝炎訴訟の専門チームを組織し、専門医と連携して訴訟対応に当たっております。B型肝炎訴訟に注力することで得難い専門性を獲得し、お客さまが適正な補償をお受けいただけるように、弁護士一同日々研さんを積んでおります。

さらに、B型肝炎訴訟に関する一切の手続きをワンストップでご依頼いただける点も、ベリーベスト法律事務所の魅力のひとつです。資料の収集・訴訟提起・書面の作成・医師とのコミュニケーションなど、お客さまご自身が労力を割くことなく、スムーズにB型肝炎給付金を獲得するためのお手伝いをいたします。

B型肝炎ウイルスへの持続感染に長年お悩みの方は、一日も早く給付金を得て、少しでもご負担を埋め合わせるため、ベリーベスト法律事務所 大分オフィスにご相談ください。

給付金が貰える条件

豊富な解決実績

提訴実績
24,974
(2012年12月~2022年10月末現在)

大分でB型肝炎訴訟の解決実績がある弁護士をお探しの方へ

実績の棒グラフ

B型肝炎は、医学知識が必要とされる特殊な分野です。
ベリーベストでは、解決実績のある弁護士を中心としたB型肝炎専門チームを編成しており、カルテ等の証拠収集などをサポートしております。その他、肝臓専門医療機関と連携するなど、お客さまにご負担をおかけしない体制が整っています。

巽 周平


ベリーベスト法律事務所
B型肝炎チーム リーダー
弁護士 巽 周平
(第二東京弁護士会)

費用

相談無料で弁護士がわかりやすくご説明いたします

相談料+調査費用+着手金=0円 相談料+調査費用+着手金=0円
成功報酬
給付金の
18.76.6万円(税込)

国が弁護士費用として給付金額の4%を別途支給します。

※弁護士費用は、給付金の18.7%+6.6万円(税込)ですが、和解後に国から支給される訴訟手当金(給付金の4.0%)を充当しますので、実質負担額は14.7%+6.6万円(税込)となります。

※弁護士費用等の記載は全て消費税額を含んだ金額です。弁護士報酬が発生した時点で税法の改正により消費税の税率が変動していた場合には、改正以降における消費税相当額は変動後の税率により計算いたします。

※事案の内容によっては上記以外の弁護士費用をご案内することもございます。

大分でB型肝炎訴訟をお考えの方へ

大分県内にお住まいでB型肝炎訴訟の提起をお考えの方は、ベリーベスト法律事務所 大分オフィスにご相談ください。

B型肝炎給付金の支給対象になるのは、以下のいずれかに該当する方々です。

  • ・昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間に、集団予防接種によりB型肝炎ウイルスに持続感染した方(一次感染者)
  • ・一次感染者の親から、母子感染または父子感染によりB型肝炎ウイルスに持続感染した方(二次感染者)
  • ・二次感染者の親から、母子感染によりB型肝炎ウイルスに持続感染した方(三次感染者)
  • ・一次感染者・二次感染者・三次感染者の相続人

上記のいずれかに該当する方は、日本国内に大勢いらっしゃいます。

B型肝炎ウイルスは、持続感染が発生してから肝炎等を発症するまでに時間がかかるのが特徴です。中には全く症状がなく、ご本人が持続感染に気付いていない「無症候性キャリア」の方もいらっしゃいます。
B型肝炎給付金は、無症候性キャリアの方も含めて、集団予防接種に起因する感染被害者の方すべてが給付対象です。ご自身が集団予防接種を受けた方や、両親のいずれかがB型肝炎ウイルスのキャリアである方などは、お早めに弁護士へご相談ください。

B型肝炎給付金の請求は、国に対する訴訟(国家賠償請求訴訟)を通じて行う必要があります。
B型肝炎訴訟では、どのような経緯でB型肝炎ウイルスに持続感染したのか、どのような症状が具体的に発生しているのかなどを、証拠によって立証しなければなりません。国を相手にする訴訟ということで、被害者ご本人も大きな負担がかかりますので、弁護士に対応を依頼することをおすすめいたします。

ベリーベスト法律事務所 大分オフィスでは、B型肝炎ウイルスの感染被害者の方が適正な補償を受けられるように、B型肝炎訴訟を全面的にサポートしております。
裁判所に提出する書類の作成や、証拠の収集など、必要な手続きの多くを当事務所が代行いたします。また、専門医療機関との連携により、B型肝炎訴訟で必要となる診断書等の手配についても、万全の体制を整えております。迅速に給付金の支払いが得られるように、弁護士が真摯(しんし)に対応いたしますので、ご安心ください。

ご依頼費用についてご懸念される方もいらっしゃるかと思いますが、B型肝炎訴訟については、相談料・調査費用・着手金を無料としております。完全成功報酬制により、初期費用がほとんどかかりませんので、大分県内のB型肝炎ウイルス感染被害者の方は、一度ベリーベスト法律事務所 大分オフィスにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

大分オフィスの主なご相談エリア

大分市、別府市、中津市、日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、豊後大野市、由布市、国東市、東国東郡姫島村、速見郡日出町、玖珠郡九重町、玖珠郡玖珠町にお住まいの方

ページ
トップへ